豊富なシリーズがジルとロデオの魅力

今日はあらためてGLAMカラコンのことを書いていきます。
新しいので言うとクチュールやREVY、そしてREVYMISTYなどもありますが、今でも人気の中心は、ジル(JILL)とロデオ(rodeo)ではないでしょうか。
何と言ってもシリーズによってかなりデザインも違うし、レンズ直径も違うということで、好みが分かれるカラコンにおいて、絶大な支持を得てるのではないでしょうか。
JILLの場合はハニーバニー、rodeoの場合はピンキーデビルあたりがシリーズ別で見ると評判がいいように感じています。
特に、ロデオカラコンピンキーデビルウルトラビッグと1dayについては、diaが違いまして、ウルトラビッグは14.7mmでワンデーのほうは14.5mmなんだよね。
新しいシリーズはクチュールから今のところで出てませんが、その後、2つのワンデータイプが発売されてるよ。
それがジルハニーバニーと、ロデオピンキーデビルなんだよね。
個人的にはジルの中ではシャーベットも好きなんだよね。
それにREVYというハーフ系も好きだし、選び出すと、他のも欲しくなってくるというのもさすがだと思うよ。
モテコンにしてもワンデーと1年のがあるけど、こちらはデザインがだいぶ違うし、直径も若干違うんだよね。
ヴィーナスアイズとかフォーリンアイズなんかも今年はチャレンジしたいかな。